キャッシュレス成長日記

このブログはクレジットカードにハマっている30代の男が趣味で解説するブログです。Twitterしております。もし宜しければフォローお願い致します。@tcashless

キャッシュレスとマイル⑤(ANAカード編)

 

 これまでの記事・・・

 

www.tcashless.com

www.tcashless.com

www.tcashless.com

www.tcashless.com

 

 ここまで自分でもまとめてみての感想なんですが・・・

 非常に難しい・・・

 

 これまでに沢山の方がマイルに関する記事を書かれておりますが、非常に難しいことが分かり、尊敬します。

 

 

 そして、ANAカードの特徴は

「貯めやすいし貯めておきやすい」

 となっております。

 

 ちなみに、今後のことで伝えておきますが・・・

 今後、他社ポイントからANAマイル変えることは非常に難しくなってくるかと思われます。

 

 LINEポイントからメトロポイントへの移行廃止、ぐるなびの予約からANAのマイルが貯まる制度などが廃止。

 どんどん他社のポイントからANAのマイルへの移行への道がどんどん減ってきております。

 これらを見て私の感想としては

 

ANAとしては美味しいことがないんだもんな」

 

 と至りました。

 ANAカードを使わなくても、ANAに乗らなくてもマイルを手に入れることが出来、そのマイルで特典航空券を利用してタダで旅行する・・・

 

ANAは損している」

 

 となりますよね。ですが、同じことはJALにも言えます。

 

 JALも同様にJALマイルへの移行が減ってきています。

 

 これらのことを言うと将来的に航空系クレジットカードの利用は増えていくでしょう。他社ポイントからマイルへの移行という道は消えていき・・・今後はこの3パターンの人間に絶対的に分かれていくかと思われます。

 

①ステータスを求める人

②日常生活の買い物から無駄なくポイント、キャッシュバックを得るため

③旅行好きの人がカード利用で積極的にマイルを得る

 

 今更何を言っているんだ?と言う方もいるかと思いますが、②と③の人はグレーな人が多かったと思います。そのグレーだった存在が明確に分かれるようになると思います。 

 

 このことを踏まえて、今後ANAJALのマイルを求める人はカード作成を検討してください。

 

 さて、オススメする人でタイプ分けを行い、それから推奨するカードを紹介して行こうかと思います。

 

 では、よろしくお願いいたします。

 

① 年に1回から3回程度は飛行機を利用する人、利用したい人

f:id:Tcashless:20191008160406p:plain

 

 ANA VISA・masterカードになります。

 ANA一般カードには他にJCBも入っておりますが、JCBは利用が出来ないところが正直なところあります。その為にJCBを除外。

 そして、一般カードは2年目からは年会費が2,000円(税別)がかかります。

 ここで思い出していただきたいのは入会及び継続した場合は必ず1,000マイル(2,000円相当の価値)を貰えるの考えると年会費は相殺が出来ると考えます。マイル移行料(6,000円)は別として

 

 

 さらには、VISAとマスターであることから出来ることがあります。それは・・・

f:id:Tcashless:20190920123211p:plainf:id:Tcashless:20190923142649p:plain

f:id:Tcashless:20190929084139p:plain

 

 この3つのQRコード決済と紐付けをすることが出来ます。

 この3社のQRコード決済を利用することで得られるポイントにプラスしてANAカードの利用によるポイントも得られます。

 

 ここからは+αな推薦になりますが・・・入会、継続によって貰える1,000マイルで年会費と相殺が出来なくても良い言う方がいたら・・・

 

f:id:Tcashless:20191008161258p:plain

 

 アメックスと提携したカード、ANAアメリカン・エキスプレスカードもお勧めをさせていただきます。

 他の一般カードに比べた場合、年会費も割高でマイル移行料も含めると14,300円になります。

 

 ですが、ANAアメックスが他の一般カードに比べて凄いことがあります。

①ポイント移行コースに登録した場合、ポイントが無期限で貯めることが出来る。

 前回の記事でANAマイルには有効期限もあり、クレジットカードのポイントにも有効期限があります。最長で5年程度という縛りが出てしまいます。

 ですが・・・

f:id:Tcashless:20191008161834p:plain

 

 マイルに移行してまった場合は3年の有効期限が出来てしまいますが、マイルに変えずアメックスのポイントにしておけばポイントは永遠に貯めておくことが出来ます。

 

②空港ラウンジ、手荷物配達が利用できる

f:id:Tcashless:20191008162019p:plain

 空港ラウンジはANA一般カードでは普通は使えません。

 

 この2つはアメックスならではのサービスになります。今、自分はアメックスグリーンを使っていますが、こちらに変更しようかを本気で考えているほどです。

 

 アメックスということで利用できない店なども出てきますが、絶対にオススメできる一般カードになります。

 

 

 では、次に・・・

 

②頻繁に飛行機に乗り、海外旅行にも偶に行く人

f:id:Tcashless:20191008193318p:plain

 また、こいつらかい!!

 

 こいつらです!!

 

 正直なところ、ANA JCBゴールドワイドカードとマイルの取得の条件に違いはありません。これが、JCBのワイドゴールドです。

f:id:Tcashless:20191008193331p:plain


  入会・継続マイルも、搭乗ボーナスマイルも違いはありませんし、年会費も同じです。

 じゃぁ、何が違うのかと言うと・・・VISAとmasterは年会費が安くなるのです。

 詳細はこちら。

f:id:Tcashless:20191008194114p:plain

 

 三井住友カードの特典として割引特典があります。

f:id:Tcashless:20191008194337p:plain

 利用明細を紙からWEB明細に変えることで年会費から1,000円が引かれます。

 となると、年会費は14,400円になります。

 で、もう1つのマイ・ペイすリボがあり、簡単に言えばリバ払いをしたら年会費はさらに半額になります・・・

 ですが、この方法はいかなものなのか?と言う状況になっておりました。

 

f:id:Tcashless:20191008194740p:plain

 改定前ではリバ払いに設定したとしても、リバ払いの限度額をカードの限度額いっぱいまでに設定しておけば、リボ払いであっても通常のカードの支払い方と同じように使えました。

 この、改定前であれば3,500円の割引となり、年会費は9,900円と安くなっていました。

 

 改訂後は1回以上リボ手数料を払えばゴールドカードは半額になるとのことでした。

 つまり、14,400円が7,200円になりました。

 

 

・・・これってどうなの?

 

 リボ払いは手数料が非常に高く、クレジットカード 会社が非常にリボ払いを勧めてくる理由は手数料が得たい為。リボ払いによる利益も得たいのでしょう。

 

 なので、半額の年会費にしたい場合は・・・リボ払いを最低額に設定して1度だけリボ払いを利用して、利用したらすぐにリボ払いの設定を解除する!

 

 そんなのを注意する自信がないと言う方はリボ払いの設定はしない方が良いです。正直、自信が無いので私だったらやりません・・・

 

 年会費の安さと言うことでANA ゴールドワイドカードはVISAとmasterをオススメさせていただきます。

 

 また、ゴールドカードの特徴としては

①空港ラウンジが利用できる

②マイル移行手数料がかからない 

 

 マイル移行手数料がかからないというのは大きいですよね。

 

 ここで一般カードからワイドゴールドカードに飛んだ理由はそれが大きいです。

f:id:Tcashless:20191008163607p:plain

 

 ワイドカードの年会費にマイル移行手数料を含めるゴールドワイドカードとほとんど変わりません。

 

 同じような値段を払うなら、私はワイドゴールドカードをオススメさせていただきます!

 

 次です!

 

③国内・海外旅行に頻繁に行く人

f:id:Tcashless:20191008201238p:plain

 

 私はこのカードで十分だと思います。

 このカードより高いカードは

f:id:Tcashless:20191008201407p:plain

 ANAアメックスゴールド を含めて年会費が7万円以上のANA プレミアムカードになりますが、ANAダイナースクラブカードでもサービスは十分に存在しております。

 

 マイルに関しては上記のスクリーンショットになりますが・・・他にも

 

国内/海外850ヵ所以上の空港ラウンジを本会員様・家族会員様は無料で利用できる

f:id:Tcashless:20191008202450p:plain

 このサービスはダイナースクラブ に元々ついてるサービスであり、それはプライオリティパスを持っていれば使える海外VIPラウンジがダイナースクラブ カードさえあれば使えます。

 

②手荷物宅配サービス

f:id:Tcashless:20191008202639p:plain

 

③グルメサービス

f:id:Tcashless:20191008202720p:plain

 

 

 これらのサービスはダイナースクラブ カードに通常付いているサービスです。このサービスらに ANAと提携してマイルがお得に付く。

 

 個人的にはANAカードで最上のサービスを得られるお得なANAカードになるかと思います。

 

 次で最後です!

 

ANAの最上のサービスを得たいという人

f:id:Tcashless:20191008203258p:plain

f:id:Tcashless:20191008203311p:plain

 

 この4枚がANAカードで最上級のカードになります。ANAダイナースプレミアムカードのみは招待制となり、それ以外は申し込み性になっております。

 

 これらのカードで共通しているのは最低限のサービスは

1.コンシェルジュが使える

2.お得なグルメサービスが

3.海外VIPラウンジが利用できるプライオリティパスがつく

4.ANAラウンジが利用できる

 

 この中で特に注目してもらいたいのがANAラウンジです!!

www.ana.co.jp

f:id:Tcashless:20191008204115p:plain

 

 このANAラウンジは簡単に言えばANAに選ばれたお得意様にしか使えないラウンジです。

 空港にある通常のラウンジは基本的にはある程度のクレジットカードを持っている人には使えるラウンジです。ですが、このANAラウンジは保安検査場を超えた先の待合室に存在しているのでギリギリまで優雅に待てる選ばれた人のためのラウンジです。

 

 利用できる条件としては

f:id:Tcashless:20191008204344p:plain

 

 この話になると少しカードから離れるのですが、ANAの飛行機を利用することでマイルの他にプレミアムポイントというものがつきます。

 1月から12月までのANAを利用して貯まったプレミアムポイントからダイヤモンド会員、プラチナ会員、ブロンズ会員とランクが決められます。

 最低のブロンズ会員がなるにもかなりの費用と時間が必要となります。

 

 この費用と時間を費やさなくても、ANAプレミアムカードを得られることでANAラウンジが利用できるようになります。

 

 この4枚の中で特にオススメするのであれば・・・

f:id:Tcashless:20191008205231p:plain

 

 になるでしょう。値段、世界でどこでも使えるということを考えると上記のカードになるでしょう!!

 

 で、今回のまとめで全体を通してオススメするANAカードは・・・

f:id:Tcashless:20191008161258p:plain

 

 これを強くお勧めします。
 

 

 これにてこの記事は一回終了です。ANAカードは他にも学生向けのカードやSFCのカードなどもあります。

 それはJALカードの紹介が終わってから紹介をさせていただきます。

 

 今回もありがとうございました!!

 

 もし宜しければ読者登録をしていただければ幸いです!コメントもいただけたらありがたいです!

 

 次回もよろしくお願いいたします!!

 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村