キャッシュレス成長日記

このブログはクレジットカードにハマっている30代の男が趣味で解説するブログです。Twitterしております。もし宜しければフォローお願い致します。@tcashless

アメックスってどうなんだろう?

 前回の続きがこちら。

 

 

www.tcashless.com

 

 今日はアメックスです。

f:id:Tcashless:20191130122759j:plain

 

 で、この過去の記事にも載せておりますが、基本的にはこの3つです。

f:id:Tcashless:20191130131106p:plain

 

 

 「この3種類のカードはどのような人が選んで持つべきなのか?」が今回の企画のゴールです。

 今回は3種のカードの特徴を簡単にまとめてみました。

 

 では、よろしくお願い致します!!

 

 まずはそれぞれの年会費を確認しましょう。

f:id:Tcashless:20191203163324p:plain

 

 当たり前ですが、一番安いのはアメックスグリーンです。次いでゴールドになってプラチナになります。

 

 で、ここで注意なのが、アメックスのポイントを最大限に活かすには「メンバーシップ・リワード・プラス」に入ることが重要になると思います。年間費で3,300円(税込)。

f:id:Tcashless:20191203163536p:plain

 

 なぜ、これに入った方がいいのかを提示する簡単な例はマイルの還元率が変わることになると思います。

f:id:Tcashless:20191203163912p:plain

 

 未加入であった場合はポイントは半減となりますが、リワード・プラスに加入した場合はほぼほぼ1ポイント→1マイルになります。

 もちろん、ポイントを支払い代金としても使えます。

f:id:Tcashless:20191203164015p:plain

 

 そちらでも未加入に比べたら加入をした場合還元率は良くなると。

 

 で、リワード・プラスは他に

 

f:id:Tcashless:20191019121257p:plain

f:id:Tcashless:20191019121311p:plain

f:id:Tcashless:20191019121325p:plain

 と、ポイント還元が上がる提携サイトがあります。

 

 なので、私はリワード・プラスに加入をすることをお勧めします。ちなみに、プラチナは無料で(・・・まぁ、そんだけ高い年会費で無料で付いているというのはどうなんだろうか?)付いているので、3つのカードの年会費(税込)は

 

グリーン:16,500円

ゴールド:35,200円

プラチナ:143,000円

 

 

 となります。

 

 

 そして、それぞれのサービスが何なのか?を考えます。

 

 まず、グリーンのサービスが3つのカードで共通しているサービスになります。で、サービスが結構あるので5つを代表に挙げさせていただきます。

 

・グリーン代表的サービス

①空港ラウンジを同伴者1名を含めて無料で使える。

②プライオリティパス(海外ラウンジ利用1回につき32ドル)

③1個、往復手荷物無料宅配 (羽田空港成田国際空港中部国際空港関西国際空港の4つ限定)

④海外旅行先での日本語サービス(グローバルホットライン)

⑤旅行傷害保険(利用付帯 最高5000万)

 

 

 他にも様々あります。ですが、そこそこ全国で使えるというので代表的なサービスは以上になるかと思います。

 

 で、今度はゴールドに。追加とアップグレードしているのは赤字で表記させていただきます。

 

・ゴールド代表的サービス

①空港ラウンジを同伴者1名を含めて無料で使える。

②プライオリティパス(年に2回まで海外ラウンジ利用が無料。それ以上は32ドル

③1個、往復手荷物無料宅配 (羽田空港成田国際空港中部国際空港関西国際空港のみの限定)

④海外旅行先での日本語サービス(オーバーシーズアシスト 簡単に言えば緊急時の対応をしてくれる

⑤旅行傷害保険(利用付帯 最高1億円

家族カード1枚まで無料

ゴールド・ダイニング by 招待日和(年に2回(上半期と下半期で)、提携レストランでの所定コースメニューを2人以上で頼むと1人無料)

American Express invites(世界中から厳選した400以上のレストランにて、優待特典を利用できる。ご飲食代金の20%オフやボトルワインのサービス等の特典がある)

 

  念のためです。他にもサービスはあります。

 

 さて、こうやって見るとアップグレードされたり増えたりしてるんだなぁと思いました。

 

 次はプラチナです!!

 

・プラチナ代表的サービス

①+②(これまでのラウンジサービスを合体)

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

(世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジが利用可能。プラチナ・カード会員専用の「センチュリオン・ラウンジ」を、「デルタ スカイクラブ」、「プライオリティ・パス・ラウンジ」などのラウンジが利用可能)

2個、往復手荷物無料宅配 (羽田空港成田国際空港中部国際空港関西国際空港のみの限定)

④海外旅行先での日本語サービス(プラチナカードアシスト これまでのアシストに加えて海外での忘れ物探索、海外商品を検索

⑤旅行傷害保険(自動付帯 最高1億円)

⑥家族カード4枚まで無料

2 for 1ダイニング by 招待日和(国内外での提携レストランでの所定コースメニューを2人以上で頼むと1人無料。利用制限なしだが、同一店舗は半年に一度のみ)

⑧American Express invites(世界中から厳選した400以上のレストランにて、優待特典を利用できる。ご飲食代金の20%オフやボトルワインのサービス等の特典がある)

⑨Fine Dining 50(予約困難の店をアメックスで貸し切り。当日は特別なメニューを楽しめる)

⑩ホテルメンバーシップ(・「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員、・「Radisson Rewards™」Goldエリートステータス 、・「シャングリ・ラ・ゴールデンサークル」ジェイド会員 、・「Marriott Bonvoy™」ゴールドエリート などの上級会員になれる)

11.ファイン・ホテル・アンド・リゾート

(・チェックイン時の空室状況により、12:00よりチェックイン、・チェックイン時の空室状況により、お部屋をアップグレード、・ご滞在中の朝食をサービス(2名様まで)、・客室内のWi-Fi 無料、・チェックアウト時間の延長(16:00 まで)、・ホテルのオリジナル特典 など)

 

 

 ・・・まだまだあります。

 

 そして、個人的に1番のアメックスプラチナで好きなところは・・・

 

 メタルカード

 (合体ロボ、変身ベルトが好きな男の子レベルです・・・)

 

 

 

 とまぁ、昨今は招待でしか手に入らなかったアメックスプラチナカード。

 それも、申し込み性となったことからネット上では色んなご意見があります。

 特に一番多いのは・・・

 

 

 ステータスが下がった!!

 

 

 ですね。

 まぁ、おっしゃっていることは十分にわかります。

 

 

 でも、これらのサービスが申し込んで14万の年会費を払うことが出来れば容易に手に入れられるんであれば・・・ステータスを除いたら喜ぶ人は多いのでは?と思ってしまいました。

 

 もちろん、自分の生活スタイル、趣味、年会費などを考えずプラチナカードを申し込んだ場合は「何を考えているんだい?」と聞いてしまいますね。

 

 

 さて!今回はアメックスプロパーカード3種の特徴の紹介で終わってしまいました!

 

 次回でどれがどんな人に合うのかを紹介させていただきます!!

 

 お付き合いいただき、ありがとうございました!!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村