キャッシュレス成長日記

このブログはクレジットカードにハマっている30代の男が趣味で解説するブログです。Twitterしております。もし宜しければフォローお願い致します。@tcashless

クレカと航空会社はどうなるの?①

 ただいまビジネスカードをやっています。

 

www.tcashless.com

 

 で、前回の記事にはダイナースJCBのビジネスカードをやっていこうと思いましたが、その前にやりたいなぁって思っていたのがありました。

 なので、ある人に連絡を取る。

 

私「どうもー。お願いがあるんですけど」

 

?さん「どうしました?」

 

私「語りません?」

 

山さん「へ??」

 

 以前にマイル修行でお世話になった山さんに連絡を取りました。

 

www.tcashless.com

www.tcashless.com

www.tcashless.com

 

 

 結局、何をやりたいのか?と言われますと。

 現在世界は新型コロナウイルスで経済は停滞し、それによって最もダメージを受けているのは航空会社だと思います。

 で、そんな航空会社でもチラホラと経営がやばく、破産の可能性が出てきているとなっていますね・・・現に破産した会社も出ていますし。

 

 そうなると影響を受けるのは航空系クレジットカードを含むクレジットカードのポイントが行き着くマイルがどうなるか?と考えました。

 

 例えば私が持って使っているAMEXプラチナのポイント移行先でANAがあります。

f:id:Tcashless:20200331194437j:plain

f:id:Tcashless:20200523143901p:plain

 

 そして、JCBプラチナだったら・・・

f:id:Tcashless:20200523143941j:plain

f:id:Tcashless:20200523144047p:plain

 

 

 このようにポイント移行先にANAJALもあります。ANAカードとJALカードは名前の通り各会社のマイルが貯まるので割愛しますが・・・

 

 こんな時代で一体どうなるのか?

 

 ある程度予想はしているのですが私はマイラーでもないので、考えが足りないところがあるので山さんに聞いてみることにしました。

 

私「ということで教えてください」

 

山さん「また、中々ヘビーな話題を持ってきますよねぇ・・・本当に」

 

私「クレカなんて、その為に持っている人多いじゃないですか?今海外の航空会社が破産などのニュースを見るんで、これって日本の航空会社にどんな影響があるのかな?と思いまして・・・」

 

山さん「おっしゃる通りですね。これから国際線が就航し始めたら影響が出るでしょうね。」

 

私「なので、今の現状ってどんなもんか教えてもらえます?」

 

山さん「わかりました。でも、個人の見解ですからね??

 

私「了解です!」

 

山さん「現状としては全世界的に諸外国からの外国人の受け入れに制限がかかっているため、多くの航空会社は旅客便の本数をかなり減らしています。

 まぁ、お客さんがいないの飛ばすのはコストの無駄です。でも、航空機やスタッフの固定費は発生しますよね。なので、航空会社は収入が激減した中で、機材の維持費や社員の給料を支払い続けないといけない現状があり、それが出来ない会社はいわゆるリストラや最悪の場合会社更生法の申請をしているという所ですね」

 

私「なるほど。で、タイ航空が破産したと思うんですけど、これってアライアンスグループにはどのような影響が出るんです?」

 

www.digima-news.com

 

山さん「アライアンスの話をするとコードシェア便というものが減りますね。例えばタイ航空の所属するアライアンスはスターアライアンスで、ご存知ANAが所属してます。」

star alliance all 27

 

私「・・・すいません。飛行機には結構乗るんですけど、正直なところコードシェア便って何のメリットがあるのか分からないんです。」

 

山さん「では、簡単に。先ほどのタイ航空とANAの2社が1機の航空機をシェアしているスケジュールがあったとしましょう。実際にあるか知りませんが、関西国際空港からバンコク行きのスケジュールというフライトがあったとします。実はそのフライトって飛行機の座席をシェアしていて、一方はANAの席、もう一方はタイ航空の席になっているんです。お客さんはそれぞれの席をそれぞれの会社から買って利用しているのがコードシェア便なんです」

 

私「・・・だから、何のメリットがあると??」

 

山さん「まぁまぁ、焦らない焦らないw 航空会社がシェアする理由の一つは自社の顧客だではフライトを満席に出来ないというものがあります。

 航空機は満席に近い状態にするほどフライトあたりの収益性が良いので、極力お客船を乗せた飛ばしたいんですよ

 ANAとしてもお客さんの中に関空発のバンコク行きの需要が一定数があるのはわかっているのですが、自分たちの持っている航空機を埋められるほどの人数がいない。となった場合同じよう関空発のバンコク行きのフライトを持っている航空会社のスペースをシェアしてもらっています。」

 

私「ほう。つまりはANAに掛かるコストが100%回収できない場合、どこかとシェアしてコストを全体の50%にする。その分のANAの客が入ればANAに損はないと・・・ってことですか。シェアしているか1日に何度も飛ばせるから座席の競争も起きないから運賃が安定すると・・・」

 

山さん「そういうことです!!」

 

私「でも、コードシェア便でチケットを取る航空会社によって値段が違うのは何でなんですかね?」

 

山さん「・・・それは色々あると思うんですがぁ(説明していただきましたが割愛)」

 

私「つまり、その負担し合う会社が減ってしまうと飛行機の便が減ってしまうと・・・」

 

山さん「そうです!!それで繋がるのが便が減る→席が減る→競争が激しくなる→航空運賃が上がる!!」

 

私「あれまぁ・・・そういうことになるんですね。では、ここからはクレカに関してなので・・・マイルはどうなると思います?

 

山さん「・・・結構ヤバいと思いますw」

 

 次回、マイルとクレカはどうなるのか??

 

 

 ご意見、ご相談、ご質問、お仕事などはサイドバーの問合せ、TwitterのDMからご連絡をいただければ幸いです。