キャッシュレス成長日記

このブログはクレジットカードにハマっている30代の男が趣味で解説するブログです。Twitterしております。もし宜しければフォローお願い致します。@tcashless

クレLaboのコンシェルジュの使い方(JCBの場合)

 お疲れ様です。

 

 いやぁ・・・休養って大事ですね。大分体調が戻ってきました。

 

「ブログ書いていて大丈夫なの?」とご心配いただくかもしれませんが・・・

 

 

 ブログは趣味であり、副業w

 大分趣味の傾向が強い物なので私の中では非常に気分転換になる物です。

 

 

 さてさて、今回なんですけど・・・結構Twitterなどでよく見るものがあります。

 

コンシェルジュをどう使えば良いか分からない」

「この依頼はコンシェルジュを使うのには相応しくない」

 

 などなど。結構コンシェルジュを使うのに悩まれている方がいるんだなぁっと思います。

 

 

 で、現在クレLaboが持っているカードでコンシェルジュサービスが使えるのは2枚あります。

 JCBプラチナ

f:id:Tcashless:20200523143941j:plain

  AMEXプラチナ

f:id:Tcashless:20200521123350p:plain

 

 

 どっちも上から2番目なんですよねぇ・・・どっちか1番になる未来があったりするんですかねぇ?

 

 で、私はよくコンシェルジュを使い分けていると書いたりしているんですが、私がどんな風にコンシェルジュを使っているのか書かせていただこうかなぁ?と思います。

 

 ちなみに、クレLaboは決して天上人ではありません。何かを経営していたり、高収入な人間ではありません。ちょっとした資格を持っている人間です。

 

 好きな服のブランドはユニクロかGAPですw

 

 クレLaboがコンシェルジュに色々依頼する理由は「めんどくさがり屋の凝り性」だからです。基本的に動くまでに時間がかかる子なんですが、動いた後は終わりが見えないぐらい調べてしまうところがあります。

 それに時間を取られるのが嫌になったんですよねぇ。なので、ある程度コンシェルジュで調べてもらい、その後に自分でも調べて納得したら手配をお願いしたり、再度の調査を依頼するという流れです。

 

 

 ではでは・・・JCBからやりましょうかね。

 

JCBの場合

 

 私の中のイメージではJCBが一番頼りやすく、何でもかんでも聞いてくれる存在だと思います。

 JCBプラチナが最初のコンシェルジュサービスが使えるカードだったので、使おうと思った時は緊張しましたねぇ・・・

 

 JCBは基本的に電話対応です。コンシェルジュデスクに電話を掛けて、依頼内容を伝えてカード番号を確認、本人確認をされるという流れです。

 

 ぶっちゃけ、これがめんどくさい。

 

 依頼から調査結果までが全て電話対応なので電話が苦手な私には非常に苦手。

 それでも、電話対応は素晴らしいですよ。ただただ、電話が苦手なだけ。

 

 調査期間はJCBは結構長めに取るかなぁ?と思います。大体半日から1日。早ければ、こちらが指定した電話対応が可能な時間に結果が来ますね。・・・2時間後とか?

 

 依頼内容に分けて書きます。

 

①ホテルを探してもらう場合

 クレLaboはまず、旅行なのか仕事なのかを伝えます。そして、ビジネスホテルが良いか?シティホテルが良いか?などと聞かれますね。

 これに追加してクレLaboが良く言うのは・・・

 

クレLabo「そんな高いホテルじゃなくて良いです。(仕事の場合は安くていいと言っています)。交通の便が良くて、周囲に食事を取れるところがある。その条件に合うホテルを高い、中間、安いの3段階に分けて3つのホテルを紹介してもらいたい」

 

JCB「承知いたしました」

 

 大体、こんな流れですね。そこに追加して聞かれるとしたら・・・朝食の有無、禁煙が良いのかなどなど。

 そんな感じなどを追加して聞かれますね。

 

 で、本当につい最近ですが、メールでも調査結果は教えてもらえるということを聞いたので試しにお願いしてみました。

 そして、来たのがこれ。

f:id:Tcashless:20200626093743p:plain

 

 このようにメールでも調査結果の確認が出来ることがわかりました。

 

 

②交通手段

 これには飛行機、電車、レンタカーとあるんですが・・・一つ一つやってみましょう。

 

・飛行機

 クレLaboはケチです。マイルを貯めたりも意識しますが、何も意識してなければこんな風に依頼しています。

クレLabo「最安で。とにかく最安で行けるやつでお願いします。」

JCBANAJALのどちらが良いとかございますか?」

 

 と言う流れで、JCBは最安で本当に探してくれました。

 

・電車

 これに関してはあまり依頼したことがないのですが・・・JCB曰く、出発地と到着地、時間などからチケットを購入して自宅に送るという流れらしいです。

 

・レンタカー

 車種、大きさ、人数、チャイルドシートがいるかどうか聞かれますね。

 で、何度も出てくるのですが・・・「安いので良い」と私はしょっちゅう言っています。

 

 

・・・何か安いの安いのって言っていたら駄目なよう気がしてきました・・・

 

・その他

 私はタクシーの手配もお願いしています。あとは、バスの時間を調べてもらいたいなども・・・。

 いやぁ、本当にバスの時間も調べてもらえた時は驚きましたねぇ・・・。

 

 

③レストラン系

 JCBプラチナには元よりグルメベネフィットの特典がありますが、今回は割愛。

f:id:Tcashless:20200626094520p:plain

 

 純粋にコンシェルジュを活用して飲食店を探してもらった経験を話します。

 これに関しては安いの安いの!とは言っていませんよ??w

 

 利用人数、食事のジャンル、苦手食材、アレルギーなど聞かれます。

 電話から「こうしているのかな?」という飲食店の調べ方は・・・まずは「ぐるなび」などで大体を調べる。それから候補を絞って、お店に直接電話をして聞いてみる。という流れなのかな?と思いました。

 

 この飲食店に関してはですねぇ・・・本当に1度だけ残念な調査結果を頂きましたねぇ。それが書いているのはこちら。

 

www.tcashless.com

www.tcashless.com

 

 それでも、1度だけの失敗で利用するのはやめよう!とは絶対になりませんね。

 あとは、旅行先で突然の飲食店を調べてもらうのも数分後には連絡をくれたりもしました。 

 

④商品調査

 これも調べてもらったことはあります。

 私が一時期非常にハマって集めに集めていたブランドのものがあったんですが、それをどこで買えるか?ネットでも買えるか?いくらぐらいか?などを聞けばその通り教えてもらえます。

JCB「ネットに関しては不安があります。本物であるかは私どもでも調査の限界がありますので・・・」

 とネット通販にはこのような意見も頂けました。

 

 あとは非常に助かったのは・・・

 

www.tcashless.com

 

 台湾の買い物で非常に助かりました。

 知人から「日本では売っていないコンバースの靴があり、それを買ってきてもらいたい」とお願いをされました。

 

クレLabo「・・・どこにあるの?」

 

 と本当に分からなかったのでJCBに依頼をしてみました。

 

JCB「・・・承知しました」

 

 この時の電話対応・・・これは非常に大変な調査になるんだろうなぁという間を感じました。

 これに関しては調査日数は3日かかっていました。

 

JCB「調査結果を報告させていただきます。現地のJCBスタッフにも実際に確認をさせたのですが・・・」

 

(クレLabo「え!?現地のスタッフさんにも動いてもらったの!?」)

 

JCB「台湾の台北は都市にはなるのですが、やはり偽物を扱っているところも正直多いです。〇〇と□□という店舗での購入は偽物の可能性が高いので行かないでください。特に、お一人で行くのもお辞めください。で、台北の(有名な地域)にあるABCマートなどは確実に本物があり、安心して購入も出来ます。」

 

 これに関しては本当に助かりましたねぇ・・・。

 

 

 うーん・・・後、利用したことは何でしたかねぇ?

 正直思い出せないです。

 

 

 なので、コンシェルジュを初めて使う、利用したことがないという人にはJCBを初めてのコンシェルジュとして使うのはオススメだと思います。

 

メリット:何でもかんでも基本的には聞いてくれる

デメリット:調査結果の報告は基本的に電話。そのため、リアルタイムでネットなど情報を確認しながら出ないと確認ができない→在宅の時でないと難しい。

 

 

 次回はAMEXをやってみます。

 

 

 お付き合いいただき、ありがとうございました。

 次回も何卒よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村