キャッシュレス成長日記

このブログはクレジットカードにハマっている30代の男が趣味で解説するブログです。Twitterしております。もし宜しければフォローお願い致します。@tcashless

クレジットカードブランドについて①

f:id:Tcashless:20190817123132p:plain

 

今お店などで見るカードの一覧は上記の6種類が見られると思います。

が、ここで伺いたいのが「結局どのカードが良いの?」って思う人いませんか?

 

勉強する前の私からしたら「VISA」があればいいんでしょ〜?程度にしか思っておりませんでした。

私の最初のキャッシュレスについてのスタートで、まずはブランド説明をかなり簡単に説明させていただきます。

間違えておりましたら、ビシバシとご指摘ください。私も勉強になるので。

 

 

 

①VISA

f:id:Tcashless:20190817130644p:plain

このカードブランドを知らない人がいるのでしょうか?と伺いたくなるカードブランドですよね。私のイメージとしては「三〇住〇VISAカード♪」とCMでリズムよく流れていると思います。(・・・時代が違っていたらすいません)

カードといったら「これ!」ってなるかと思います。簡単に説明を以下に書かせていただきます。

VISAは1958年バンク・オブ・アメリカにより創業。世界で約13億人のクレジットカード会員と2,400万以上の加盟店を持つ知名度世界No.1の国際ブランド。日本国内はもちろん、海外でも最も使いやすいクレジットカードになります。」

 

この説明だけでも見る人が見れば「端折ってるなー。簡単だなー」(これにも至らないかもしれません)になると思いますが、究極に簡単に言ってしまえば

「これ持ってりゃどこでも使えるよ!!!」

ってカードブランドです。

このカードブランドは追い追いで説明をしますが、カード会社自体が発行しているクレジットカードはなく、別の会社と提携してクレジットカードを作っております。

代表会社としては

三井住友銀行、②楽天、③Yahoo!、④DCカード

になります。

 

②master

f:id:Tcashless:20190817135157p:plain

このカードブランドを知らない人がいるのでしょうか?(Part2)

ですが、個人的な感想なのですがVISAに比べると露出が少ないかな?と思っております。簡単な説明は以下になります。

「Mastercardは、VISAに次ぐ世界No.2の国際ブランドで、VISAと同様に決済面で使いやすいのが特徴です。日本国内ではVISAの使用範囲とあまり差がありませんが、海外ではVISAがアメリカ方面に、Mastercardはヨーロッパ方面に強い、といわれています。」

世界の割合としてはVisaが60%、mastarが30%になっております。

究極の簡単に言いますと

これ持ってりゃどこでも使えるよ!(Part2)」

です。国内であればVisaとMastarに差はありません。

 

何故、差がないのか?この2大ブラインドは良く見るのか?それは別の記事で紹介をさせていただきます。

 

とりあえず!まずは独自のカードを持たないカードブランドのVisaとMastarを紹介させていただきました。

次の記事では独自のカード(プロパーカード)を持っている3大カードブランドを紹介させていただきます。

 

では!