キャッシュレス成長日記

このブログはクレジットカードにハマっている30代の男が趣味で解説するブログです。Twitterしております。もし宜しければフォローお願い致します。@tcashless

キャッシュレスとマイル(国内編 ANA)①

 10月の初の週末ですね。増税やらバタバタしていましたが、今ではどうでしょうか?

 チラホラとキャッシュレスであれば増税前よりお得だったという声がSNS上で聞こえてきます。

 

 さて、このテーマを記事にする時が来てしまいました。

 ハッキリ言いましょう・・・

 凄い膨大なのと計算が必要なので本当はやろうか悩んでました

 

 ですが、これはキャッシュレスをやろうよ!というブログです。

 私は自分の利益の為だけにやるのは正直嫌です。相手が喜ぶことをやって、自分も喜び何かを得る というのが一番です。

 

 キャッシュレス生活においてポイントは一心同体で、もちろんもマイルも一緒です!

 それでは皆様、よろしくお願い致します。

 

 

 マイルというのは簡単に言うと航空会社のポイントのようなものです。

 楽天スーパーポイントであれば貯まったポイントは楽天市場マクドナルドなどの楽天提携店でポイントを買い物など使ったり出来ますよね。(実は投資信託に使えたりもするですが、それは別の話で・・・)

 なので、

 

マイルが貯まれば航空券に変えることが出来ます!

 

 ここまではOKですか?

 前もって言っておきます。

私のブログは素人以上プロ未満のオタクが作る端折ってなんぼ!簡単でなんぼ!のブログです。

 

 簡単にやっていきますよ!

 

 で、注目をしていきたいマイルはANAJALです。

f:id:Tcashless:20190925111639p:plain

 

 日本を代表する国で、世界でランキングをつけたらTOP20には入る航空会社です。

 今回は両者の国内における必要なマイルの説明と比較を書かせて頂きます。

 

 また、両者の主な特徴、どのようなクレジットカードを持つべきか?マイルを貯めるにはどうすれば良いか?などは後々に出していきます! 

 

ANA

 まずはANAです!全日空ですね!こちらは元々民間によって起こした会社になっているそうです。

 では、マイルを見てみましょう!

www.ana.co.jp

 以下のスクリーンショットは上記のサイトから引用しています。

 まずは1つ目の図をみましょう!

 

・シーズンでマイルが違う

f:id:Tcashless:20190930150105p:plain

 

 ANAのマイルの大きな特徴としてはシーズンごとに必要となるマイルの量が変わります。

 L(ローシーズン)は人の流れが少なく、空いている期間

 R(レギュラーシーズン)は比較的に混んでいる。イメージとしては夏休みや春休みの終わりかけ、お盆が過ぎたあたりと言ったらいいでしょうか?

 H(ハイシーズン)は非常に混んでる!年末年始、お盆休み、卒業旅行シーズンです!

 

 ここで、1つ目のポイント!

ANAのマイルはシーズンによって変わる!

 

さぁ、次は

区間別必要マイル

f:id:Tcashless:20190930150111p:plain

f:id:Tcashless:20190930150116p:plain

  上の図を左から説明しますね。

 左のほうに書いている「マイル区間」というのはお客さんが飛行機に乗って移動した際に獲得されるマイルになります。距離が長ければ長いほど貰えるマイルは手に入ります。この乗ったら得られるマイルというのはJALもほぼほぼ一緒だと思ってください。

 

 真ん中は出発地から到着地

 右の方がシーズンごとにマイルを利用する際に必要なマイルになります。

 

 

 ここまではOKですか?

 

 で、ここから思い出して頂きたいのが、マイルの価値はいくらなのか?

 私はよくマイルは1マイル約2円から!と言っております。

 じゃ、本当なのか?と計算をしてみましょう・・・

 

ANAのマイルはいくらなの?

1.ローシーズン

f:id:Tcashless:20191003164654p:plain

 これはローシーズンでの東京から名古屋までの片道の値段になります。

 この中から最低料金と最高料金の値段で計算をします。この区間で必要なマイルは5000マイルになります。(注意:マイルではプレミアムクラスは乗ることは出来ません。シートのアップグレードの際にマイルの利用が出来ます)

 最低料金 9630 円を5000マイルで割ると =1.926円/マイル

 最高料金 21,530円を5000マイルで割ると=4.306円/マイル

 

 さぁ、次です

f:id:Tcashless:20191003165202p:plain

これは東京から北海道(新千歳空港)の料金になります。
この区間はローシーズンでは6000マイルです

最低料金 10,860を6000で割って 1.81円/マイル

最高料金 38,960を6000で割って 6.49円/マイル

 

さらに次です。

f:id:Tcashless:20191003193932p:plain

これは東京から沖縄までの料金になります。東京から沖縄までは7000マイルが必要になるので・・・

最低料金 13,310を7000で割って 1,90円/マイル

最高料金 46,610を7000で割って 6.65円/マイル

 

さらにさらに次・・・

f:id:Tcashless:20191003194353p:plain
これは東京から石垣島の料金になります。今回は6:10発の飛行機運賃で

必要なマイルは8,500マイルです。

最低料金17,190を8,500マイルで割って 2.02円/マイル

最高料金64,990を8,500マイルで割って 7.64円/マイル

 

さぁ!ローシーズンのマイルの値段は・・・

約2円から約8円程度になりました!! 

 

皆様、まだお付き合いいただけますか?それとも割愛しましょうか?

・・・とまぁ、こんな計算をしていくということでレギュラーシーズンとハイシーズンをやっていきます!

 

2.レギュラーシーズン

 ・東京から名古屋、必要マイルは6000マイル

f:id:Tcashless:20191003195013p:plain

最低1.30円/マイル 最高3.37円/マイル

・東京から札幌、必要マイルは7,500マイル

f:id:Tcashless:20191003195253p:plain

最低1.50円/マイル 最高4.99円/マイル

・東京から沖縄、必要マイルは9,000マイル

f:id:Tcashless:20191003195452p:plain

 最低1.62円/マイル 最高4.94円/マイル

 

・東京から石垣、必要マイルは10,000マイル

f:id:Tcashless:20191003195622p:plain

最低2.18円/マイル 最高6.19円/マイル

 

さぁ!レギュラーシーズンのマイルの値段は・・・

約1円から約6円程度になりました!!

 

⒊ハイシーズン

 ・東京から名古屋、必要マイルは7500マイル

f:id:Tcashless:20191003200201p:plain



最低1.03円/マイル 最高2.87円/マイル

・東京から札幌、必要マイルは9000マイル

f:id:Tcashless:20191003200327p:plain



最低1.12円/マイル 最高4.32円/マイル

・東京から沖縄、必要マイルは10500マイル

f:id:Tcashless:20191003200504p:plain



 最低1.43円/マイル 最高4.42円/マイル

 

・東京から石垣、必要マイルは11500マイル

f:id:Tcashless:20191003200931p:plain



最低1.26円/マイル 最高5.65円/マイル

 

さぁ!ハイシーズンのマイルの値段は・・・

約1円から約6円程度になりました!!

 

 

 時間がかかりました・・・そして、これを見た私の感想は・・・

「へ〜」

 

 実際に自分で計算してみたのは初めてだったので、関心をしてしまいました。

 

 で、ローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンの全体をみてのANAのマイルの値段は・・・

 

最低約1円/マイル から 最高約8円/マイル 

中間約3円/マイル

 

 とみても良いでしょう。

 

 ですが、今回は東京から名古屋、札幌、沖縄、石垣島に固定をした計算なので、これがさらに高い旅費であれは1マイルは10円以上の価値にもなるそうです。

 

 さて、ANAをやったらJALを同じ記事でやろうかと思いましたが、やった私もお腹いっぱいです。

 次回でJALの国内編をやらせて頂きます!

 

 まだまだ続きます!JAL編がすぐに出てくるのか!?

 皆様、よろしくお願いいたします。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村