キャッシュレス成長日記

このブログはクレジットカードにハマっている30代の男が趣味で解説するブログです。Twitterしております。もし宜しければフォローお願い致します。@tcashless

3枚のJCBの比較!!

 さぁ!

 昨日のJCBは歴史と基本的なキャンペーン、提携店などを紹介しました。

 

www.tcashless.com

 

 以前にも説明しましたが、3枚のJCBのカードをまずは紹介し、それからどのような人に向いているのか?そして、個人的に思うことを書いてみようかと思います!!

 

 ・・・JCBに嫌われたくないなぁ・・・

 

 では、やってみます!!

 

JCBゴールド・ザ・プレミア

f:id:Tcashless:20191120151333p:plain

 

入手方法:招待制

条件:JCBゴールドでの年間利用額を100万円を2年利用すれば招待状が来る。

年会費:15,000円(税別)

→年間に100万以上利用すれば、次年度の年会費が10,000円に値下がりする

(内訳:ゴールド年会費10,000円+プレミア年会費5,000円)

 

 

 では、ゴールド・ザ・プレミアの基本的な特典を紹介します。

 

1.国内・海外空港ラウンジの利用可能

(プライオリティパスが付く!!)

2.ダイニング30

→指定のレストランを予約して食事をすると30%割引

3.JCBプレミアム・ステイ・プラン

→厳選されたホテルをお得に泊まれる(まぁ、そうは言っても高いんですけどねw)

4.JCBラウンジ京都

f:id:Tcashless:20191213123814p:plain

5.旅行保険 最大1億円

 

 

 この5つが基本的な特典になります。

 ・・・こう書いてみると少ないかなぁ?と思ってしまいましたが、この年会費で基本的な特典がこれらの場合は非常にお得だと思います。

 

 さぁ、次です。

 

JCBプラチナ

「JCBプラチナ」の画像検索結果

入手方法:招待制 / 申し込み

条件:JCBゴールド・ザ・プレミアの利用をしていれば招待が来る。

年会費:25,000円(税別)

 

 

 ここからは先ほどのゴールド・ザ・プレミアの特典に追加とグレードアップしたのは赤字で書かせていただきます。

 

1.国内・海外空港ラウンジの利用可能

(プライオリティパスが付く!!)

2.ダイニング30

→指定のレストランを予約して食事をすると30%割引

3.JCBプレミアム・ステイ・プラン

→厳選されたホテルをお得に泊まれる(まぁ、そうは言っても高いんですけどねw)

4.JCBラウンジ京都

f:id:Tcashless:20191213123814p:plain

5.旅行保険 最大1億円

 

6.プラチナコンシェルジュデスク

→24時間365日、コンシェルジュの利用が可能

7.グルメベネフィット

→提携レストランを予約して2名で利用した場合、1名分が無料。同一店舗では半年に1度のみ

8.USJのラウンジが利用可能

→JCBに申請をして届いた招待状を使えばユニバーサルスタジオジャパン内のJCBラウンジが利用可能。また、フライングダイナソーが待ち時間無しで利用可能。半年に1回で人数制限あり。

 

 大きいもので増えたのは3つかな?と思います。

 ここまで来ると、この年会費にしてこの内容は非常に特典が多いです。

 選別をしてここに載せているので、特典はまだまだあります。

 

 

JCB ザ・クラス

「JCBザ・クラス」の画像検索結果

入手方法:招待制

条件:今ひとつ、条件がよく分からないんです。ですが、調べてみるとこういうことなのか?と思うのがありました。

JCBプロパーカードを所持してから最低2年以上。

②年間利用額200万円以上

③日常的にJCBを利用している

④職業も見ている?

 

 が、今年招待を貰っている人に共通しているのかな?と思いました。

年会費:50,000円(税別)

 

ここからは先ほどのゴールド・ザ・プレミアの特典に追加とグレードアップしたのは赤字で書かせていただきます。

 

1.国内・海外空港ラウンジの利用可能

(プライオリティパスが付く!!1枚のカードで同伴者1名も無料で利用可能

2.ダイニング30

→指定のレストランを予約して食事をすると30%割引

3.JCBプレミアム・ステイ・プラン

→厳選されたホテルをお得に泊まれる(まぁ、そうは言っても高いんですけどねw)

4.JCBラウンジ京都

f:id:Tcashless:20191213123814p:plain

5.旅行保険 最大1億円

 

6.プラチナコンシェルジュデスク

→24時間365日、コンシェルジュの利用が可能

7.グルメベネフィット

→提携レストランを予約して2名で利用した場合、1名分が無料。同一店舗では半年に1度のみ

8.USJのラウンジが利用可能

→JCBに申請をして届いた招待状を使えばユニバーサルスタジオジャパン内のJCBラウンジが利用可能。また、フライングダイナソーが待ち時間無しで利用可能。半年に1回で人数制限あり。

9.東京ディズニーランド、ディズニーシーのラウンジ利用

→JCBに申請をして届いた招待状を使えばディズニーランド、ディズニーシー内のJCBラウンジが利用可能。半年に1回で人数制限あり。

10.ザ・クラス メンバーズ・セレクション

→毎年、「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」というカタログギフトが届き、その中から好きな商品を選んで受け取れる。掲載されている商品は2万円相当。

11.ディズニーリゾートホテル優待プラン

東京ディズニーランドホテルディズニーアンバサダーホテル東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのスイートルームにお得に泊まれる。

 

 

 ザ・クラスに行くとプラチナとの格差がさらに出てきたなと思いました。

 

 ちなみに、過去の記事ではJCBプラチナとザ・クラスは過去に細かく書いてました。

www.tcashless.com

 

 さて!!ここまでザッと書いてみましたが、この3枚がそれぞれどんな人に向いているのか考えましたが・・・

 

・ディズニー、USJに興味ないが海外には行く

f:id:Tcashless:20191120151333p:plain

 

 まぁ、興味がなくてもキャンペーンなどは必ずディズニーとUSJは関わるとは思いますが、年会費15,000円(税別)でプライオリティパスが付くのは大きいです。

 んー・・・もしかしたら偏見があるかもしれないのですが・・・

 

1人だけで何でも楽しみたい人!!

 

 には向いているかもしれませんね。

 

・時間がないので代わりに探して欲しい

「JCBプラチナ」の画像検索結果

 

 これを選ぶ大きな理由はコンシェルジュですね。

 よく、目につくプラチナカードなどを持ちたくない理由で「自分で安いところ、安いものを探して自分で手配して、予約したりする」というのを見ます。

 

 私はJCBプラチナを手に入れてからコンシェルジュをよく利用しています。

 結構色々調べてもらえます。

 

 私「〇〇に行きます。とにかく安い所をいくつか探して欲しい」

 JCB「かしこまりました」

 

 と言ったら(もっと、ちゃんとした会話ですよ!!)、その通りに探してもらえます。それは何かの商品でも一緒です。

 もう、色んな所に出張に行ったりするときには、その行ったところでの移動方法や手段なども考えるとめんどくさいんですよね。それらを全て言っておいたら調べてくれるので私としては非常に楽です。

 

 なので、このカードが向いている人は・・・

 

 時間を節約したい人!!

 

 

 で、JCBザ・クラスを欲しがる人というのはどんな人なのかな?と考えるんですが・・・

 

 何なんでしょうね? 

 

 個人的にはプラチナでも足りる人は沢山いると思います。でも、私もザ・クラスが欲しいです。

 じゃぁ、何でなの?と聞かれたら・・・

 

 JCBの最高のステータスが欲しいから!!

 

 やはり、クレジットカードが知っているという身からしたら、信用度になるんですよね。

 日本ではあまり馴染みがありませんが、海外諸国のホテルやレストランのスタッフはやはりカードの種類で見極めるそうです。

 アメックスやダイナースはそれの最たる存在です。

 

 借金=悪という印象が正直強いのが日本にはありますが、銀行が個人に貸せる金額が大きければ大きいほど社会的信用度が高いということですかね

 

 例えば・・・

 銀行が医者に1000万をポンッと貸すというのは、将来その人は1000万以上お金を稼げる人だと見ているということですよね。つまり、信用が大きいということ。

 逆に、無職に1000万を貸すという銀行は存在するでしょうか?貸せないということは社会的に信用できないということになります。

 

 

クレジットカードのステータスカードって手っ取り早い自分の社会的信用度の目印みたいなもんですね。

 

 

 あと、JCBザ・クラスは同じ階級にあると言われている、アメックスプラチナ とダイナープレミアムに比較すると大分安いです。

 

f:id:Tcashless:20191209213126p:plain

f:id:Tcashless:20191204212051p:plain

 

 両者は14万円台の年会費。ですが、両者と似たような、比較できるようなサービスを持っているJCBザ・クラスは5万円・・・

 

お得ですよねぇ

 

 

 ですが、そんなJCBザ・クラスのデメリットも今回で改めて浮き彫りになりました。それは・・・

 

日本人で始まり日本人で終わるサービス

 

 

 もちろん、JCBは様々な国でも発行されており、そこに住んでいる人のためのキャンペーンやサービスはあるはずです。

 ですが、アメックスやダイナースに比べると海外には非常に弱いです。

 

 アメックスやダイナースのグルメサービスには海外のレストランがありますが、JCBにはありません。

 海外で何かあった場合の保険はアメックスとダイナースにも負けていませんが、国によっては十分なサポートが得られない場合があります。(日本人がよく行く国なら問題ない)

 

 

 まぁ、そんなきついことを言っていますが結局はアメックスとダイナースはその逆です。

 

 海外旅行にたまに行く、特に日本人が好きな所→JCB

 

 海外旅行にはよく行く、様々な所に行く→アメックス、ダイナース

 

 

 になるのでしょう!!

 

 

 以上でJCBの紹介はおしまいです。

 私がやってみての感想ですが・・・

 

 JCB ザ・クラスが欲しい!!

 

 

 と改めて思いました。絶対に取ってやりますよ・・・

 

 ちなみに、JCBプラチナもザ・クラスも特典内容で十分に年会費の元は取れます!!絶対に取れますよ!!

 

 

 さて、次回は何をしてみようかな?と考えてみた所・・・

 

f:id:Tcashless:20191210122656p:plain

VS 

f:id:Tcashless:20191210122801g:plain

VS 

 

f:id:Tcashless:20191130122759j:plain

 

 

 この三つ巴の戦いにしてみましょう・・・

 

 

 また、次回もよろしくお願い致します!!

www.tcashless.com


 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村